毛穴の部分を優しく塗る

当たり前のような塗り方

最近は、クリームもジェルも見極めがつかないほどさらっとしたものが多い。昔ながらの脂分の多いこっくりとしたものまで、バリエーションが有ります。

 

リジェンは、けっこうスッキリとした感じのジェルタイプ。塗り方についてですが、そんなに難しく拘る必要はないかと思います。

 

他のジェルタイプの中で副作用がほとんど起こらないとされているために、別段薄くぬる必要もない。

 

ジェルタイプの基本としては、約1分以内に素早く終わらせるのが大切。
とくに、リジェルは、脂分をたくさん含む乳化タイプなので、素早く薄く塗ることがポイント。そこまで刺激は強くないので、価格が結構高いために、私は”極薄”で塗ることを意識しています。

 

結構回りでは、化粧を落としたあと、しっかりとメイクを落としてから、長い時間を欠けている人もいるかと思います。でも、ジェルの量が肌に触れている時間が長いほど、肌の潤いは奪われてしまうと言われています。

 

ここらへんは、ジェルの成分によりますが、できるだけ素早く塗るのが一番。

 

洗顔後に、黒ずみの部分を優しく引っ張って、広げ、その部分にリジェンを塗る人もいますが逆効果。あんまり引っ張ると、毛穴が目立ってしまいます。

 

それよりも、やさしく塗ることが重要。