副作用が少ないリジェン

副作用は起こりにくい?

悩んでいる黒ずみを減らしてくれるリジェン。
他にも黒ずみに効くジェルはインターネットの通販でも販売されていると思いますが、私の中でリジェンを選んだ理由の一つとしては副作用が殆ど起こらないことです。

 

他の黒ずみに関連するジェル、クリームを使ったことあるのですが、使いはじめの一週間ほどで「炎症、痒み」が起こり、なかなか継続して塗ることができなかった、、、。

 

たしかに、顔の皮膚との抵抗感があるために、初期の段階では副作用が起こりやすいという話は聞いていました。しかし、痒みが起こることで、本人が気づいていない時に”ポリポリ”と爪の先でかいてしまい、これが原因で、炎症や軽い傷跡が残ったりするんです。

 

 

そこでリジェン。
こちらは副作用が発症する率がかなり低いそうです。

 

これは、リジェンを塗ることで、皮膚から体内に侵入し血小板のみに効果を表すために、他の皮膚や細胞に刺激を与えない。そのために、副作用が起こりにくいとのこと。

 

ただし、万が一のことを考え、リジェンを塗り、2〜3週間以上たっても違和感を感じる場合は、皮膚科の医師に相談をすること。

 

たとえ回りから「リジェンは副作用が少ない」っという話を聞いていても、皮膚自体は個人差があるために様子を見ながら使うこと。

 

あとは、リジェンの他に化粧品を使うことで、併用作用で皮膚に刺激を与える可能性もあります。たとえば、にきび治療のジェルと一緒にリジェンを塗るなど。

 

にきび治療で有名は「ディフェリンゲル」は副作用の確率が8割以上と言われているために、併用すると、やはり皮膚に対する違和感は感じると思う。

 

ある程度は、人気や効果のあるジェル、クリームを使うとしても、”副作用が起こるかもしれない”っと理解した上で、ある低ぢの知識を得ておくことが大事かもしれませんね。